Top > 大泉JOMの健康日誌

除菌・抗菌③ 「風邪」

毎年、この時期にはインフルエンザや風邪が流行します。

私の娘が通う中学校は、札幌市内でも1~2を争ってインフルエンザによる学級閉鎖が早い学校です。

皆さんは、うがい&手洗いは徹底して行なっているでしょうか?



実は・・・

私は、全くしません。



子供の頃から、うがい&手洗いの習慣はありませんでしたが、今も行なっておりません。

妻は、子供たちが帰ってくると「うがい&手洗いしないさい」と言ってましたが、私は何もしませんでしたので、ある時、「どうしてお父ちゃんはうがい&手洗いしないの?」と聞かれて妻は困ってました。。。


それは、私が随分前から、

①私たちの身の回りの雑菌があるからこそ、免疫が正常に機能する事。

②世界中でうがい&手洗いと風邪の関係の大規模な研究が行われ、その結果を知っていた事。

の2点があります。



①は、除菌・抗菌①でも触れましたが、実は菌のいない空間に居ると3時間程度で免疫がほとんど働かなくなる事や、免疫学の本を色々と読んだ事と、私の経験上の事が合致していた事から、そう考える様になりました。

②は、数年前に車で移動中のラジオ番組の中で、うがい&手洗いについて取り上げていた下記の内容からです。

Q:うがい&手洗いについて、下記の中で最も風邪を引きにくい内容はどれでしょうか?
(1)うがい薬を使ったうがい+薬用せっけんを使った手洗いを帰宅した毎に行う
(2)ぬるま湯だけで、うがい&手洗いを帰宅した毎に行う
(3)何もしない


皆さんは、どれだと思いますか?









最も風邪を引きにくいのは、(2)でした。


逆に、最も風邪を引きやすいのは・・・



(1)というでした。



そして、(2)の次に風邪を引きにくかったのが(3)でした。

お金をかけてうがい薬や薬用せっけんを使って一生懸命にうがい&手洗いをする習慣が、最も風邪を引きやすいという結果は、世界中のいたるところで大規模な実験によって明らかになっているとその番組で紹介されていました。






異常なほどに除菌・抗菌する習慣は、日本人の気質によるものなのかもしれませんが、菌を殺すことばかり考えずに、自然界も私たちを含めた生物全体の営みも菌の力を借りて成り立っている事を再認識して、共存していく事が大切だと感じています。



最後に、うがい&手洗い、もっと言うと除菌&抗菌グッズも全く使用しない私は、10年に1回程度に割合でインフルエンザや風邪で発熱しますが(知恵熱との噂も・・・)、それ以外は、身の周りに風邪やインフルエンザの人がどれだけ増えても今のところ感染しないようです。

直近では、2年前の2月11日にインフルエンザA型に感染しましたが、1日で平熱に戻り、2日目に完治しました。

その理由は、また別の機会に・・・


続く・・・・・



~北海道の無農薬大豆を特殊共棲培養で発酵抽出されたタイセイ核酸~
https://kakusan-taisei.jp/  
 
タイセイ核酸に関するお問い合わせは、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料お見積りやお問合せ

------------------------------------------------------------
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

~食は命なり!人の生は食をもって第一とする~
大豆発酵抽出核酸メーカーのタイセイ株式会社!

この記事が参考になりましたら、
「いいね!」や「+1」などのボタンを押して応援いただけたら嬉しいです(^^♪
下のコメント欄に、感じた事や気づいたことなども書き込んで下さい!

Facebookをお使いの方は、こちらを押してフォローして下さい。

関連リンク

タイセイ核酸とは 製品案内 お問合せ

SNSサイト

下記SNSでもよろしくお願いします

facebookページ
ページ上部へ戻る